タイミング・理由・項目などをわかりやすく説明!生命保険の見直し術  > 見直し前に > 増額と減額
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

増額と減額

家族が増えて保障内容を手厚くしたい場合などに、現在加入中の保険金を増額する必要性が出てきます。そうした時に契約内容を変更せずに、主契約の保険金を高くしたり、特約を付加して不足部分の保障をカバーする方法が「保険金の増額」。別名「中途増額」ともいいます。こちらの方が新規の保険契約を加えるよりも、トータル的に安く済む場合が多いようです。といっても、保険料は見直し前より上がるので経済的な負担はアップ。保険商品によっては新たに健康状態の告知や医師の診査が求められる可能性もあります。さらに注意点としては、特約が増えたことによって複雑になってしまい、後で見直した時に理解に苦しむような状態にならないことです。

これとは逆に「保険金の減額」をする場合もあります。たとえば「子どもが大きくなって教育費が今までほどかからなくなった」ということで「必要保障額が下がる分、保険金を減額する」考え方もあります。こうした時に加入中の保険を解約するのではなく、保障額を減らすのも一つの対策。減額方法としては主契約の保険金を減額せず特約をはずすしたり、複数ある場合は減らす方法もあります

トータルで保険金が減額となるわけですから、保険料も下がります。ただし、契約内容によっては「保険金の減額」に比例して、各種特約の保障額が減額になることもあります。また保険会社によっては減額制限を設けているところもあるので注意しましょう。