タイミング・理由・項目などをわかりやすく説明!生命保険の見直し術  > 見直し前に > 見直し方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見直し方法

生命保険の見直しのステップについて考えてみましょう。確認項目はひとつの目安として一通りチェック。最優先すべきことは「保険に関する問題さがし」です。家族構成、家計、経済状況、将来の予定などと照らし合わせて、保険の内容が適切であるかどうか分析を行わなくてはなりません。

次に大切なのは「最適な保険商品の検討」です。年間の生活費を家計簿レベルで算出。そこに近い将来かかってくる教育費などの経費を加え、現時点でどれくらいの費用が必要か出します。ここで算出したトータル費用から、貯金、公的遺族年金、死亡退職金などいざという時に用意できる資金をマイナスして、最終的な必要保障額を求めます。これを保険の見直しプランとともに検討していくのです。そのほかにも、保険でどれだけの保障額を補うべきか、ネット上で自分の年齢、家族、収入などの必要条件を入れて簡単に診断できるサイトもたくさん出ています。こうしたものでシミュレーションしたものを参考にしてもよいでしょう。

最後に見直しプランにもとづいて実行に取りかかります。保険商品によっては現在加入中のものをいかして、保険金の増減を図った方がよい場合と思い切って解約か払済保険や延長保険に替えた方がよい場合があります。また、同じ保障内容であれば、保険料や支払方法など有利な条件の方がよいに決まっています。そのへんも十分に検討し、わからない点はファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談しましょう。