タイミング・理由・項目などをわかりやすく説明!生命保険の見直し術  > 見直し前に > 見直し項目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見直し項目

保険の見直しをする際に、まず最初にチェック項目から見ていきましょう。その時に必ず「保険証券」を用意してください。引出しの奥に入れたまま、探してみたけど「どこかにいってしまった」という人。もう一度ゆっくり探してみて、それでも見つからない場合は速やかに再発行の手続きを行いましょう。「保険証券」は紛失や破損、焼失された場合でも契約は無効になりません。ただし、保険金の受け取りなどの手続きが必要な場合は「保険証券」が必要となります。再発行の手続きは保険会社に連絡をしたうえで、必要書類を提出すれば1〜2週間ほどで手元に届きます。

加入保険のチェック項目

保険の種類
「保険証券」の一番上に記されている保険の商品名がどのような種類のものか表しています。保険の保障内容とともに、どんな時に保険金が受け取れるのか支払条件も合わせて確認を。

契約者、被保険者、受取人
「保険契約者」は、保険契約を結び保険料を支払う人です。「被保険者」は、保険がかかっている人。誰の保険かがわかるもの。「受取人」は保険金を受け取る人。特に結婚した場合、受取人が独身時代のままのこともあるので変更が必要な時は速やかに手続きを。「指定代理請求人」は被保険者の代わりに給付金を請求する人。

保険料と支払期間
「毎回の保険料」は、1度に支払う保険料。「特約保険料」は特約に充当される保険料。「保険料払い込み方法」は年払いとか月払いといった支払方法です。また、保険料をいつまで支払うのか。定期保険と終身保険では内容も異なるので確認しておきましょう。さらに保険をそのまま継続したら保険料の総額はいくらになるかもチェックです。

保険期間
保険の保障期間がいつまでのものかを確認です。

予定利率
保険会社が契約者の保険料を責任保険金として、保険料の一部を運用しながら積み立てます。この運用によって得られる収益を見越して、その分保険料をあらかじめ割り引きしており、この割引率が「予定利率」。「予定利率」が高いほど保険料は安くなります。

更新時期と更新後の保険料
更新型の保険の場合、何歳で更新時期を迎え、保険料がどれだけアップするかなどを確認。もし、解約するのであれば、「解約返戻金」がいくら戻るのかも調べておきましょう。